日経BP社ITイベント(NBPITevent)
Atlas Co., Ltd.
5.2.0 Varies with device
日経BP社ITイベント(NBPITevent)
日経BP社が運営するIT関係のイベント情報を閲覧できるアプリです。
-----------------
開催概要
-----------------
■名 称
Cloud Days 大阪 2015
ビッグデータEXPO 大阪 2015
Security 2015 in 大阪
スマートフォン&タブレット2015 in 大阪
IoT Japan 2015 in 大阪

■会 期
2015年3月5日(木)~6日(金)10:00~18:00

■会 場
グランフロント大阪・ナレッジキャピタル
コングレコンベンションセンター
-----------
■名 称
Cloud Days Tokyo 2015春
ビッグデータEXPO 東京 2015春
Security 2015春・東京
スマートフォン&タブレット2015春・東京
IoT Japan 2015春・東京

■会 期
2015年3月12日(木)~13日(金)10:00~18:00

■会 場
ザ・プリンスパークタワー東京

■主 催
日経BP社

開催方針

クラウドコンピューティングはICT利活用のあり方をすっかり変えてしまいました。
企業情報システムに限っても、今やクラウドを利用するのは当たり前となり、
「クラウドファースト」という考え方も完全に定着しました。

一方で、クラウドとビッグデータやモバイル、ソーシャルを組み合わせた新しいサービスも続々と登場しており、社会のあり方から個人の生活まで幅広い分野で変革をもたらしつつあります。
企業、日本を上昇気流に乗せるための最大の武器がICTにほかなりません。業務効率を高め、経営の精度を高めるだけにとどまらず、新たな事業を生み出す原動力がICTだからです。

こうした流れを受けて、日経BP社は2015年3月、東京、大阪で「Cloud Days」を開催します。
(東京:ザ・プリンスパークタワー東京、大阪:グランフロント大阪ナレッジキャピタル)

会場では、IoT、クラウド、ビッグデータ、標的型攻撃、スマホ、タブレットの専門展を併催します。すぐに役立つソリューションから最新技術までを各展示会と、魅力的なスピーカーが次々と登壇するカンファレンスの両面でICT利活用の最先端を余すところなくカバーします。
更に今回は「ビッグデータEXPO」「セキュリティ」「スマートフォン&タブレット」に加えて、これからのICTの一大トレンドになるだろうIoT(Internet of Things)、にもテーマにも新たに照準を当て「IoT」の4展と同時開催し、ICTの最先端を網羅します。

是非ご期待ください。

-----------------
機能のご紹介
-----------------
■イベント情報、出展者情報、セミナー情報の閲覧
出展者情報をイベント別に閲覧できます。
セミナー情報をプログラム別、日程別に閲覧できます。

■マイスケジュール
気になるセミナーや参加するセミナーは、セミナー詳細に表示されている[スケジュール]をタップすると、マイスケジュールに追加されます。

■セミナーの検索
タイトル、発表者などで簡単に検索ができます。

■セッションのタイムテーブル
1日分のセッションを確認できるタイムテーブル機能です。現在開催中のセッションを確認したり、各セッションの詳細画面に進むこともできます。
また、画面下部のボタンで表示切替すると、マイスケジュールに登録した講演を含むセッションのみに絞り込んで表示することができます。

■マイスケジュールを端末カレンダーに転送
マイスケジュールに登録した講演を端末のカレンダーに転送できます。
アラート通知の有無と通知時間を設定できます。

■ノート
講演についてのメモを残すことができます。

■情報共有
E-mail/Twitter/Facebook/Evernoteへ送信します。

-----------------
対応OSバージョン
-----------------
Android 2.3以上
※一部の端末ではアプリが起動しない、起動したアプリが正常に動作しない等の事象が発生する可能性がございます。

Nikkei BP's IT events (NBPITevent)
Nikkei It is an application that can browse the event information of IT relationship that BP's operated.
-----------------
Outline
-----------------
■ Function
Cloud Days Osaka 2015
Big data EXPO Osaka 2015
Security 2015 in Osaka
Smartphone & tablet 2015 in Osaka
IoT Japan 2015 in Osaka

■ meeting period
March 5, 2015 (Thursday) to 6 (Friday) 10:00 to 18:00

■ Venue
Grand Front Osaka Knowledge Capital
Congres Convention Center
-----------
■ Function
Cloud Days Tokyo 2015 Spring
Big data EXPO Tokyo 2015 Spring
Security 2015 spring and Tokyo
Smartphone & tablet 2015 spring and Tokyo
IoT Japan 2015 spring and Tokyo

■ meeting period
March 12, 2015 (Thursday) to 13 (Fri) 10:00 to 18:00

■ Venue
The Prince Park Tower Tokyo

■ Organized
Nikkei BP

Held policy

Cloud computing was alters completely the way of ICT use.
Even limited to enterprise information systems, and it becomes obvious now to use the cloud,
Concept of "Cloud First" is also now fully entrenched.

On the other hand, cloud and big data and mobile, are also one after another appeared new service that combines the social, from social way to personal life is becoming revolutionized in a wide range of fields.
Companies, the biggest weapon for to put Japan in updraft is none other than ICT. To enhance the operational efficiency, is not limited to only enhance the management of precision, dynamics is why ICT to create new business.

In response to these trends, Nikkei BP Inc. in March 2015, Tokyo, will hold a "Cloud Days" in Osaka.
(Tokyo: The Prince Park Tower Tokyo, Osaka: Grand Front Osaka Knowledge Capital)

At the venue, I Joint IoT, cloud, big data, targeted attacks, smartphone, professional exhibition of tablet. And each exhibition up to the latest technology from the solutions that can help immediately, and then cover the very best state-of-the-art attractive speakers one after another on stage to ICT use in both conferences.
Furthermore, this time in addition to the "Big data EXPO", "security", "smartphone & tablet", will be the major trend of the future of ICT IoT (Internet of Things), against a new aiming even in theme to "IoT for 4 exhibition held concurrently with the "to cover the state-of-the-art ICT.
 
Please expect all means.

-----------------
Introduction of function
-----------------
■ Event information, exhibitor information, browse seminar information
I can view the exhibitor information for each event.
Program by the seminar information, I can browse to another schedule.

■ My Schedule
Seminar to seminar and participation anxious, when you tap the are seminars detail display the Schedule, will be added to my schedule.

■ Search of seminars
Title, I can easily search such as presenter.

■ Session of timetable
It is a time table function that you can see for one day session. You can check the session currently being held, and you can proceed to the detail screen of each session.
Also, when you view switching button at the bottom of the screen, you can view it narrowed down only to the session, including a lecture that was registered to my schedule.

■ Transfer My Schedule to the terminal calendar
I can transfer a lecture that was registered to my schedule to the terminal of the calendar.
I can set whether the notification time of alert notification.

■ Notes
You can leave notes about lecture.

■ Information Sharing
I will send to E-mail / Twitter / Facebook / Evernote.

-----------------
Supported OS version
-----------------
Android 2.3 or higher
※ app does not start in the part of the terminal, the started app there is a possibility that event occurs such as that do not work properly.

Content rating: Everyone

Requires OS: 2.3 and up

...more ...less