「中原中也詩撰」-虹色文庫
EXPRESS CONTENTSBANK
1.0 Varies with device
中原中也が詩作を始めたのは、弟が死んだことがきっかけ。
哀しさに詩欲が湧くのでしょうか。彼の作品は、哀しみや寂しさを大いに言葉にしたものが多く、時に女々しいと評される事もあります。人がおおっぴらに言うことができない、幸せの下にできる後悔の影をも正直に詩っています。
ただ、中原中也の言葉選びも、今まで聞いたこともないのに「しっくり」くる擬音も、言い古されたものでなく独特のリズムに乗って私たちに流れてきます。
抽象的なことに頼らず、実際の物事や経験、情景を通して表現された詩なのに古臭くないのがとても不思議なのですが、それは私たちがどこかで通った(そして置いてきてしまった)気持ちを中原中也がずっと持ち続けていたからかもしれません。
すごく哀しいことがあったり辛いときに、その気持ちを代弁してくれる詩がきっと見つかると思います。
※今回の中原中也詩選では、恋愛・表現・生を中心に集めてみました。
みずみずしく情景が浮かび触感までにも訴えるような詩は、初期のランボーに影響を受けているそうです。感嘆符が多く、時に激しいニュアンスで訴えてくるのも、その影響かもしれません。
決して共に詩を書く事も、同じものを見ることもないのに、2人の正直な感情は何かが似ています。
若く、その時期特有の感覚で綴られた2人の詩人の作品を併せて読んでみてはいかがでしょう。

Content rating: UnratedWarning – content has not yet been rated. Unrated apps may potentially contain content appropriate for mature audiences only.

Requires OS: 2.1 and up

...more ...less