芥川竜之介「或阿呆の一生」読み物アプリ
macky2015
1.0.0 Varies with device
『或阿呆の一生』(あるあほうのいっしょう)は、芥川龍之介作の短編小説。雑誌『改造』1927年10月号に掲載された。
1927年の芥川自殺後に見つかった文章で、自分の人生を書き残したと思われている。友達への遺書の中に、この事が詳しく記されてある。ぼんやりとした不安が、鬱を思わせるような優しく冷たい文章で筆致されている。冒頭部分には久米正雄宛ての文章がある。フラグメント(断章)形式といえよう。
「先輩」として谷崎潤一郎、「先生」として夏目漱石、発狂した友人として宇野浩二が登場する。
断章の総数は51。

長編ですが読んでみてください

【非公式】
当アプリは非公式アプリです。個人として楽しんで頂くために作成しております。

【費用】
当アプリは完全無料にてダウンロードが出来ます。
また、アプリ内での課金等も一切ありませんので、安心してご利用いただけます。

【免責】
このアプリを閲覧されたことで生じたいかなる損害に対しても、当方では一切の責任を負いかねます。

(Ichisho of a fool), "some life of fools" is, Ryunosuke Akutagawa work of short stories. Was published in the magazine "remodeling" October 1927.
In a sentence that was found after the Akutagawa committed suicide in 1927, it is believed to have wrote my life. In a suicide note to friends, this thing is are marked in detail. Hazy anxiety has been brushwork in gently cold sentence, such as reminiscent of depression. At the beginning part there is a sentence of Masao Kume addressed. Be said that fragments (Fragments) format.
Junichiro Tanizaki as a "senior", Soseki Natsume as a "teacher", Koji Uno is to appear as a demented friends.
The total number of Fragments is 51.

Please consider reading but is a feature-length

【informal】
This app is an unofficial app. We have created for you to enjoy as an individual.

【cost】
This app can be downloaded in full free.
In addition, since it is not at all be charged, etc. within the app, you can use with confidence.

[Disclaimer]
For any damage caused by that has been browsing this app, us can not assume all the responsibility.

Content rating: Everyone

Requires OS: 4.0 and up

...more ...less