漫画の描き方を見て漫画家になりたい人へ
山のしらたきご飯
0.0.2 Varies with device
漫画を描くのは楽しいけど、マンガを描くだけで食べていけるか心配。


そう思う人は少なくないはずです。


私は17歳の夏まで、マンガを描くのが大好きな漫画家志望だったのですが、
19歳で広告収入を主とするフリーランス業をすることになりました。
俗に言う「ノマド」というやつです。


仕事したい日は、仕事をする。
休みたいときは休む。


仕事するか、否か。
毎日選べる自由な所。これがノマドの特権です。

仕事しなくても大丈夫なのは、
月給を、ある程度自動で入ってくるように広告収入で自動化したためです。

私は19歳でフリーランスな仕事にやりだしましたが、
漫画を描くことで自分の世界を表現する漫画がやっぱり大好きです。

なので、いずれ「漫画を出版する」という夢を実現するために、
色々と勉強してます。



漫画の描き方や漫画の描き方。そして、漫画描き方。
ってマンガの描き方ばっかりですね。汗


でも、それだけマンガを描くための勉強の時間に費やしても、
問題ないぐらい、仕事は自動化できているのです。


月給もちゃんとある漫画家志望。

これってある意味マンガ家を超えているかもしれません。



夢を追っててもプレッシャーなどない楽な状態での夢追い。
どうしてそんな「時間」が作れるのか?

なぜ、19歳でフリーランス業として、
成り立たせることが出来たのか?

そして、仕事をフリーランスとしてやっているのに、
どうして「漫画を出版する」という夢を目指せるのか?



ここらへんを今回アプリにまとめてみました。
元々ブログで書いた記事だったのですが、
編集と加筆を加えてより分かり易いものになってます。


世の中にはこういう漫画家志望もいるってことを頭の隅に入れといてください。


私が選んだ進路は「安定」と「夢」の2つが得られる道になっています。
是非、人生や進路の参考にしてみてください。

※特に漫画を描くことが好きな人や漫画・イラストで生計を立てたい人は必見です。





書籍名「漫画家志望が漫画家を超える時」

The draw comics and fun, but I worry or able to eat just draw a cartoon.


People who think so should not a few.


By the summer of 17-year-old, I'd had aspiring cartoonist love to draw manga,
It was decided to do freelance industry, primarily advertising revenue at the age of 19.
It is a quote-unquote guy called "Nomad".


The day you want to work, do the job.
The rest when you want to rest.


You can work, or not.
Place free to choose every day. This is the privilege of the Nomad.

It's all right without work,
This is because it was automated in advertising revenue to come in automatically to some extent, the monthly salary.

I've started to do freelance work at the age of 19,
I love after all cartoon to express their world by drawing a cartoon.

So, in order to realize the dream of "publishing cartoons" one,
I'm studying in various ways.



Manganokakikata and Manganokakikata. And, how to draw cartoons.
It is only how to draw manga 's. Sweat


But I also spend time in the study to draw manga that much,
No problem about the work I have can be automated.


Aspiring cartoonist with a neatly monthly salary.

It may be beyond the means cartoonist there is not it.



The chase of a dream in a comfortable state without such pressure even though chasing a dream.
Why can make such "time"?

Why, as a free-lance business at the age of 19,
Did you able to hold?

And, even though I'm doing freelance work,
Why Mezaseru of the dream of "publishing a cartoon?"



I tried the app together this time around here.
Although it was a story written in the original blog,
It becomes understandable thing more with the addition of revision and editing.


Please keep in put in the corner of the mind that I'm also kind of aspiring cartoonist in the world.


course I chose two "stable" and "dream", but it has become a way to be obtained.
By all means, please try to reference the path and life.

※ who want to make a living in comics and illustrations of us like to draw cartoons in particular is a must-see.





"When aspiring cartoonist exceeds cartoonist" book titles

Content rating: UnratedWarning – content has not yet been rated. Unrated apps may potentially contain content appropriate for mature audiences only.

Requires OS: 2.1 and up

...more ...less