Biz安否確認/一斉通報
NTT Communications Corporation
2.0.3 Varies with device
NTTコミュニケーションズが提供中の『Biz安否確認/一斉通報』およびNTTドコモが提供中の『Biz安否確認 for docomo』のAndroidアプリケーションです。
安否確認システムから発信される安否登録要請および一斉通報の通知を受信することができます。
また、受信した通知を元に安否状況の登録や一斉通報の回答を実施することもできます。(登録には標準ブラウザを使用します。)

【特徴】
 ●安否確認と一斉通報の通知受信から登録を簡単に行えます。
  「通知受信」→「アプリ起動」→「回答」の簡単3ステップ
 ●メールや電話よりも通知が届きやすい。
  本アプリケーションは、インターネットを利用しており、
  電話やメールと比較して通知がユーザに届く可能性が高まります。

 ●ログイン操作を省略できます。
  一度ログインに成功すると次回以降のログイン操作を省略することができます。
  ※都度、ログイン操作を行う設定も可能です。

【機能】
 1.安否確認に関する機能

  (1)安否登録要請の受信
    ・自分宛てに発信された安否登録要請を受信することができます。

  (2)安否登録
    ・受信した安否登録要請に対して安否情報を登録することができます。
     なお、登録には標準ブラウザを使用します。
    ・安否登録要請を受信していなくても自発的に安否情報を登録することも可能です。

 2.一斉通報に関する機能

  (1)一斉通報の受信
    ・自分充てに発信された一斉通報を受信することができます。

  (2)一斉通報への回答登録
    ・受信した一斉通報に対して回答を登録することができます。
     なお、登録には標準ブラウザを使用します。
    ・一斉通報を受信していなくても自発的に回答を登録することも可能です。

  (3)受信メッセージの一覧表示
    ・受信した一斉通報を一覧で表示することができます。
    ・一覧への表示期間は1〜999時間の範囲で設定可能です。

 3.利用端末の管理

  (1)利用端末の登録
    ・自分のAndroid端末を安否登録要請を受け取るために登録することができます。(最大3台まで登録できます。)

  (2)利用端末名の変更
    ・登録した端末をご自身で分かりやすい名前に変更することができます。

  (3)利用端末の削除
    ・端末の登録を削除することができます。


※本アプリケーションは、NTTコミュニケーションズの『Biz安否確認/一斉通報』とNTTドコモの『Biz安否確認 for docomo』のご契約者様がご利用頂けます。
※本アプリケーションのプライバシーポリシーは次のホームページをご確認ください。
 (http://www.ntt.com/anpi/images/BizAnpi_App_Privacy.pdf)

In NTT Communications provides "Biz safety confirmation / Broadcast" and NTT DoCoMo is being provided is Android application of "Biz safety confirmation for docomo".
You can receive a notification of safety registration request and Broadcast originating from safety confirmation system.
You can also carrying out the registration and answer report all at once of the original to safety situation the notification received. (To register I use standard browser.)

Features
● easily I can you the registration from the notification reception of safety checks and the broadcast.
3 easy steps of "notification reception" → "app start" → "answer"
● easily accessible notification than the mail and telephone.
This application, we use the Internet,
Notification as compared with telephone or email is more likely to reach the user.

● I can omit the login operation.
You can omit the next subsequent logins operation Once a successful login.
※ each time, setting is also possible to perform the login operation.

[Function]
1. The functions related to safety confirmation

(1) safety registration request of the receiving
• You can receive the difference between the safety registration request transmission to yourself.

(2) safety registration
• The received safety registration request you will be able to register the safety information for.
In addition, I use a standard browser to register.
· Safety, even if not received a registration request is also possible to register voluntarily safety information.

2. The functions related to report all at once

(1) the reception of the broadcast
• The myself devotes You can receive a notification simultaneously that originate in.

(2) answer registration to the broadcast
• You can register the answers to the received the broadcast.
In addition, I use a standard browser to register.
· It is also possible to register voluntarily answer even if you do not receive the Broadcast.

(3) List of received messages
• You can display the received a Broadcast in the list.
-Display period to the list can be set in the range of 1 to 999 hours.

3. Management of the terminal

(1) Registration of use terminal
· Their the Android terminal you can register to receive the safety registration request. (I can register up to three.)

(2) change of use terminal name
• You can change the registered terminal to the name you easy to understand yourself.

(3) Delete the user terminal
• You can delete the registration of the terminal.


※ This application, your contract bidder of "Biz safety confirmation for docomo" with "Biz safety confirmation / Broadcast" of NTT Communications NTT DoCoMo are available.
※ This application of privacy policy, please check the following website.
(Http://www.ntt.com/anpi/images/BizAnpi_App_Privacy.pdf)

Content rating: Everyone

Requires OS: 4.1 and up

...more ...less