社労士試験、出そうな問題、過去問から、第3集、無料版
菱川優
1.0.0 Varies with device
社会保険労務士は、
労働関連法令や社会保障法令に基づいて
書類等の作成代行等を行い、
企業を経営して行く上での
労務管理や社会保険に関する
相談・指導を行う事を職業とする為の資格です。
略称「社労士」や「労務士」とも呼ばれます。

この「社労士」試験は、難関資格試験のひとつで
2013年度の合格率は5.4%、
2014年度は易しくなったと言われましたが9.3%。
そして2015年度は何と2.6%。
司法試験を凌ぐ最難関の国家試験となりました。

それだけに資格を取ると年収2000~3000万円の
収入を得ている人も少なくありません。
そのためにはもちろんいかにクライアントを
獲得するかという営業力が求めれれますが
それも努力次第、夢のある資格のひとつ
ということは間違いないようです。

そこでこのアプリでは「社労士」試験の
過去問最新版から、
これからも出題傾向の高い問題を選び出し、
要約した解説で受験のための予習教材
としてご提供することとしました。

試験科目は選択式試験と択一式試験があり、
合格基準点は択一問題で、70点満点中45点、
選択式問題で、40点満点中21点、
それぞれの科目で3点以上、または4点以上の
付帯条件がありますが、予習ではいずれの問題も
70点以上を本番合格の目安にしてください。

そのためにこのアプリは、
各項目4問、5問、6問のいずれかで構成し、
4問中3、5問中4、6問中5の正解を目指していただき、
間違った問題があった場合、
その項目全問に再Tryして、全問正解を目指して下さい。
無料版なのでダウンロードして何度でも挑戦できます。
それがこのアプリシリーズの利点です。

再Tryに際しては、解説をよく読み、準拠する法令を精査して
しっかりと記憶することが予習のポイントです。
合格者の勉強の秘訣を読むと、ほとんどの人が
過去問を徹底してTryし問題と正解を暗記するほどに
記憶する、これが合格の早道と言っています。

試験科目が多岐にわたるため、このアプリは
シリーズ形式とし、第1集、第2集・・・と続けていきます。
このアプリは第3集として
国民健康保険法、確定拠出年金法、介護保険法、
厚生年金保険法 を中心に
一般常識問題などから構成し、
本番通り択一問題になっています。

この第3集を完全マスターされたら、
第4集へお進み下さい。
ではどうぞ、初めは気楽に、
再Tryでは高得点を期待しています。

Content rating: Everyone

Requires OS: 4.0 and up

...more ...less