朝30分を活用する30の法則
Hiroyuki Eiha
3.4.2 28.9mb

「20代のうちに知っておくこと」でためになるビジネス指南書を生み出してきた著者が放つ第5弾!!
20代のうちに知っておきたい 「朝30分」を活用する30の法則!!

「全世界300万部突破したベストセラー(The Power of Mentorship)」
大ヒットシリーズの日本版である『メンターのチカラ』の共著者である著者。

第1弾「20代のうちに知っておきたい 中国留学で成功する30の法則」
第2弾「20代のうちに知っておきたい インターンシップで最高の成果を出す30の黄金則」
第3弾「20代のうちに知っておきたい 変わりゆく現代中国の動向」
第4弾「20代のうちに知っておきたい 変わりゆく日本社会の動向」

-------【目次】--------

はじめに

第1章 なぜ、「朝30分」が重要なのか?
1.朝を制する者は1日を制する
  ▼普段よりも「朝30分」早く起きていこう
2.朝の「ゴールデンタイム」を使っていく
  ▼1日1回のチャンスを活かしていこう
3.「朝型生活」で健康を維持する
  ▼20代から「規則正しい生活」を送っていく
4.成果を出すには「タイムマネジメント」を見直していく
  ▼「仕事の量」を「タイムマネジメント」で捻出する
5.一流の人ほど積極的に「朝」を活用している
  ▼一流の人の行動を真似ていこう

第2章 「朝30分」にやっておきたいこと
6.「朝一番」でメールの確認をする
  ▼「レスポンス・タイム」は「誠意の表れ」である
7.「ブログ」の更新をして気合を入れる
  ▼「ブログ」で決意を表明していこう
8.1日の優先順位を決めていく
  ▼戦略的な1日からスタートする
9.「散歩」や「ランニング」でリフレッシュしていく
  ▼「リラックス」できる時間帯を作っていこう
10.深い祈りから1日をスタートしていく
  ▼ポジティブな祈りで「朝」を迎えていく

第3章 「朝30分」を習慣化する法則
11.「朝勝ち」に執着していく
  ▼朝に強くなることが1日の生産性を高めていく
12.「二度寝」を控えるだけでいい
  ▼二度寝の最大の敵は「弱き自分自身」
13.手帳を開き、1日の行動予定をシミュレーションする
  ▼「手帳」を開き、戦略的な1日を模索する
14.朝のテレビのハイライト番組を見る
  ▼前日のニュースを「キャッチアップ」していく
15.「朝30分」の時間を換算してみる
  ▼20代のうちから「換算感覚」養っていく

第4章 「朝30分」活用する勉強術
16.朝に「記憶保持作業」を行っていく
  ▼「記憶(記銘・保持・再生)」のメカニズムを学んでいく
17.朝の「ニュース」をチェックする
  ▼「知識量」とともに「情報量」が重要になる
18.「コラム」を読み込んでいく
  ▼「コラム」から「考え方」を学んでいく
19.「朝読書」で精神を落ちかせる
  ▼「朝読書」で1日のリズムを作っていく
20.通勤電車を「オフィス化」していく
  ▼地道な努力を積み重ねていこう

第5章 「朝30分」で「右脳」を鍛える
21.「右脳」を使う仕事を優先する
  ▼「右脳」を鍛えると「発想力」が豊かになる
22.「プラス思考」の時間を作る
  ▼無限の可能性がある「潜在意識」に注目していこう
23.声に出して「語学」を学んでいく
  ▼語学の本質は「発信」していくこと
24.「一人ディベート」で右脳を鍛える
  ▼「論理的思考能力」を身に付けていこう
25.「企画」や「提案」に時間を使う
  ▼「臨界点」に達するまで「葛藤」していく

第6章 「朝30分」で「夢」を語る
26.人生を「6本の柱」でイメージする
  ▼充実する人生には「夢」が欠かせない
27.「目標」や「夢」を書面化していく
  ▼文字化することで「真意」に迫ることができる
28.目標を「数値化」していく
  ▼ワクワクする「期限設定」を模索していこう
29.「棚卸し」で自分の価値を見直す
  ▼受け入れがたい「駄目な自分」を受け入れていこう
30.「5年後の姿」をイメージしてみる
  ▼「過去」ではなく「将来」を信じていこう

おわりに

特別詩集 「乗り越える力」
「諦めない心」
「終わりなき戦い」
「優しさを兼ね備える」


--------【著者プロフィール】--------

1984年、山口県生まれ。創価大学経営学部経営学科卒業。清華大学中国語研修生修了。創価大学院経済学専攻経営学専修博士前期課程修了。大学院卒業後、Musubu Dining株式会社の取締役会長である浜口直太氏の下で、インターンシップ生として修業を積む。インターンシップ期間では、「20代のうちに知っておきたいシリーズ」を中心に、精力的に作家活動を展開。インターンシップを卒業した後、青年に自己啓発を促し続けている。現在までに、電子書籍4タイトルを配信。著書に、『メンターのチカラ』(ミラクルマインド出版)がある。


--------【アプリ】--------
本アプリはお気軽に手に取り、立ち読みいただけるよう、フリーダウンロードとさせて頂いております。
無料版では、「はじめに」まで読むことができます。
第一章以降はアプリ内で【完全版】をご購入頂く必要があります。
ご購入は目次または機能メニューをご利用下さい。

Content rating: Rated 4+

Requires OS: 4.3

Supported Devices:
- iPad
- iPhone
- iPod Touch

...more ...less